読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セキスイハイムで生き生き生活

セキスイハイムで注文住宅を経験。やっぱり家って楽しい!

20151216112756

初めての説明会

f:id:CitronGreen:20151211092035j:plain

ぼくたちが初めて家のことについて動き出したのは、2015年の夏です。

ちょうど7月に入った頃から住宅展示場などを回りはじめました。

 

きっかけは勤め先で開催された住宅説明会。

これはどういうものかというと、ハウスメーカーさんがたくさんきてくれて、

好きなブースでお話を聞けるというもの。

 

 

はっきりいってぼくには土地の知識も家の知識も0。

そんなわけで、とんちんかんな質問を投げまくってたと思います。

 

そもそも木造と鉄骨の違いもわかっていないのでそういったところからの質問になるわけで、相手にしてみれば「おまえそこからかよ」だったかもしれません。

 

となると自然と、1回1回時間がかかるので、全てのハウスメーカーさんにきくことはできず数社で終了となりました。でもそのぶんきっちりみっちり聞けましたけど。

 

そのうちの1社が今後お世話になることになるセキスイハイムだったわけです。

もちろんこの場で

「よし!そろそろハイムかな!ハイムに決めた!」

となったわけではなく、検討の1社に入っただけです。

 

ただ1つ、セキスイハイムが気になった理由はあったんです。

それはこの質問に対しての回答。

「これって例えば土地探しなども○○さん(説明してくれてる人)が担当して頂けるんでしょうか?」

 

他の数社は、

「あ、その場合は現地にも支社があるのでそちらの担当者がつかせて頂きます」

的な回答だったんですよね。

まあぼくが勤め先から離れたところに住んでいて、その付近で土地探しを希望していたので仕方の無いことかもしれませんけど。

 

でもセキスイハイムのMさんは、

「はい、私が担当しますので今日の話をもとに土地探しさせて頂きます」

といった回答。

 

ちなみにMさんはぱっと見若手という感じではなくけっこうベテランという感じで、

がつがつ系というよりは穏やかな雰囲気。見た目も穏やか。

実際ぼくのとんちんかんな質問に対しても優しく丁寧に説明してくれました。

 

最後に住宅展示場にて土地探しの結果と提案もさせてほしいということだったので、

妻とも日程を確認してみますとだけ回答してこの日は終了。

いろいろなハウスメーカーさんのパンフレットを抱えて帰ったのでした。

広告を非表示にする