読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セキスイハイムで生き生き生活

セキスイハイムで注文住宅を経験。やっぱり家って楽しい!

20151216112756

インテリアの打ち合わせも気を抜かずに

f:id:CitronGreen:20151228215945j:plain

間取りが決まってくるとインテリアの打ち合わせに入っていくわけですが、

セキスイハイムの場合インテリア担当さんがちゃんとついてくれます。

またエクステリアについてもエクステリア担当さんがちゃんとついてくれます。

これは安心ですね。

専門家、プロフェッショナルなかたが味方してくれるわけですから。

 

 

いかに間取りをよくしてもインテリアをないがしろにしたら

入った瞬間にがっかりってなことにもなりかねませんからね。

玄関開けたら5秒でがっかりってなことにもなりかねませんから。

 

なぜわざわざこんなことを書くのか。

それはですねここまでくると集中力が切れ始めるからです。

だいたい家を建てると聞いて想像する打ち合わせってのは間取りだと思うんです。

営業さんと机をはさんで、

「あたしぃ、パントリー収納とかほしくてえ、ねーダーリンうふふ」

「そうだねハニー、パントリーってなんだかおしゃれだねえへへ」

みたいなね、あると思うんですよイメージが。

 

だからここまでは想定の範囲内

集中力も俄然燃えてるわけです。

だけども!ぼくは声を大にして言いたい!

 

打ち合わせは間取りが終わっても切らしてはいけませんよと!

インテリアの打ち合わせはもう惰性でやっちゃいましょうとかもってのほか。

お任せしますとかうっかり言っちゃって後から

「あれへー!?」

みたいなことになっても誰も責任とってくれませんから。

 

インテリアを意識するってことは予算も意識するってことです。

つまりカーテンとか照明です。

これセキスイハイムにお願いするとけっこうお高いです。

カーテンにもグレードがあり、値段も上下しますが

間取りを好き放題やってあとは余ったお金でとか考えてると

予算が潤沢にあれば別ですがそうでない場合ぺぺぺのぺぇです!

 

なのでどうしても間取りに予算を割きたいという場合

カーテンなどはあとから自分たちで取り付けるという方法もあります。

その場合カーテンレールだけセキスイハイムにお願いするのもありです。

 

インテリア担当さんがついてくれると先ほど書きましたが、

裏を返せば(おそらく)

「インテリアコーディネーターさんへのコーディーネーター料が含まれる」

ってことですから決して安くはなりません。

ただお願いしちゃえば長さの調節なども全てやってくれる ので

楽できちゃうというメリットもあります。

 

ここらへんは家全体のなかでどこを優先させるかという話になってきますから

ご家族で早めに相談して決めておいたほうがいいです。