読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セキスイハイムで生き生き生活

セキスイハイムで注文住宅を経験。やっぱり家って楽しい!

20151216112756

家づくりの途中には、色々あったりなかったり

生活

f:id:CitronGreen:20161011102647j:plain

なにも検討していないところからなんとなあく「そろそろ家がほしいなあ」と思い始めて実際に家が建って住み始めるまでどれくらいの時間がかかるものなのか。もちろんケースバイケースだとは思いますが、ちなみにぼくたちの場合は、2015年の7月に初めてハウスメーカーさんと会話して、2016年の3月に引っ越しが完了しています。土地選びからおよそ8ヶ月ってことになります。

1番大変なのは土地選びでした。これはもう家族で話し合うしかないです。とにかくちゃんと考えを、自分の答えを口に出すまでの経緯まで含めて共有するのが1番だとぼくは思います。やっぱり1日中考えるわけですよ、移動しているときとかも含めて。で、帰ってから話し始めるじゃないですが、お互いに。そうすると結論だけ伝えてしまうと途中経過が見えないわけです。スタートの次はゴールみたいな。これだとお互い納得できませんよね。なんでそうなったのか見えないわけですから。誤解を招かないためにもそのあたりちゃんとやるのがおすすめです。

土地が決まればその土地にあわせて今度は間取りを決めていきます。この頃からいろんな実例集みたいなものを眺め始めました。収納はどうするのがいいとか、間取りはどうするのが生活しやすいとか、それに加えてハウスメーカー独自のオプションを検討していきます。お金もどんどん生々しい話になっていきます。何が本当に必要で何が不要なのかを判断していかないといけません。どうしても家から予算を削れない、けど予算が足りないならばインテリアやエクステリアから捻出する、現在の支出を見直してみるなどが必要になってきます。

やりたいこととできることのせめぎ合い、そこにお金の話が絡むし決めることはバッカンバッカン増えていくし、「もうあとは任せていいかな」みたいな疲れや放棄みたいな精神状態になることもあるかもしれません。でもそこはぐっと耐えてください。そこで妥協して考えることをやめてしまうと後悔する結果になってしまうかもしれません。誰のためでもない、自分たちの家、自分たちの将来のために重要なことを今決めているのですから。報われる日を迎えるためにも楽しいことばかりではない家づくりを楽しむくらいの気持ちで。

実際楽しいんですよ。決めることが多すぎて、なおかつ予算とのせめぎあいで投げ出したくなるときもあるかもしれませんが、冷静になってみるとやっぱり楽しいですし、あとから思い出してもやっぱり楽しいわけです。誰が経験しても100%楽しめるとは言い切れませんが、でも自分たちの家なわけですからね。これからそこで生活をする空間や時間を生み出しているわけですから。ある程度の覚悟はいりますし労力もいります。でもやっぱり家づくりは楽しいはず!今検討しているかたはそういったことも含めて楽しんで頂けたらなあと思います。